Home » Archive

Articles tagged with: 機内

お勧め記事 »

[ 18 6月 2011 | One Comment ]
オーストラリアドル

機内食、飲み物などの支払方法
料金は、オーストラリアドル建てになっており、オーストラリアドルでの支払の他、それを日本円に換算した日本円での支払も可能ですが、お釣りはオーストラリアドルになります。
クレジットカードでの利用も可能ですが、オーストラリア国内線ではVISA、MASTER、AMEXが利用可能、日本・オーストラリア間の国際線は、この3つに加えてJCBカードが利用可能です。
機内でのクレジットカードの利用には、最低10ドル以上、最高75ドルまで、という下限・上限金額が設定されています。
余談ですが、オーストラリアではJCB、AMEXを使える所が少ない、あるいは、使えたとしてもカード手数料として、2-4%程度を取られる店、レストランが多いので、VISA、MASTERカードを持って行くことをお勧めします。

これは、JCB、AMEXの加盟店が、カード会社に支払うカード手数料が、VISA、MASTERカードと比べて高いためです。
なお、カード加盟店が、カード利用者からカード手数料(CREDIT CARD SURCHARGEと一般的に言われています)を取ることは、日本、アメリカでは、カード会社・加盟店契約で禁止されています。
一方、オーストラリアはその規定をカード会社が設けることが、逆に違法となり、カード加盟店が顧客より、精算の際にカード手数料を取ることは、何ら問題なくなっており、利幅の薄い商売、値段競争の厳しい業種では、カード手数料を取ることは、それほど珍しいことではありません。