Home » Archive

Articles tagged with: 機内サービス

コンフォートパック, ジェットスター航空のサービス »

[ 19 6月 2011 | 2 Comments ]
コンフォートパック

コンフォートパックとは、毛布、耳栓、アイマスク、空気で膨らませるネックサポーターが、パックになっているものです。
日本航空やカンタス航空のような、伝統的なフルサービスの航空会社(レガシーキャリア)では、毛布や枕は、当然のように、エコノミークラスであっても無料で付いてきます。
ジェットスター航空の場合、エコノミークラスでは、こういった毛布、枕などは、基本料金に含まれておらず、機内食、機内エンターテイメント同様、別途料金のオプションとなります。
2011年6月現在、この事前購入のコンフォートパックは、片道あたり、600円の追加となっています。
毛布を含めて、エアネックサポーター等のコンフォートパックに入っているものは、持ち帰り可能です。
往復でジェットスター航空を利用する場合、行きの片道だけ購入・持ち帰り、帰りは購入せず、行きで購入したものを利用ということもできます。
コンフォートパックに入っているもの
ジェットスター航空のコンフォートパックには、下記のものが入っています。

毛布
アイマスク
歯ブラシ&歯磨き粉
ネックサポーター
耳栓
これらが入るポーチ

コンフォートパックの事前購入方法

ジェットスター航空のWEBサイトから、航空券を購入する場合は、日付、料金等を選択後、機内エンターテイメントシステム、コンフォートパック(毛布など)の選択とともに、追加オプションとしての提示があります。
その時点で購入しなくとも、後からWEBサイトにログインして、WEBサイトから追加購入する、あるいはジェットスター航空のコールセンターに電話して追加することも可能です。
事前購入した場合は、その事前購入した人のリストを元に、キャビンアテンダントが、その機内エンターテイメントシステムを配っていきます。
注意したいのは、機内食、機内エンターテイメント、コンフォートパックのオプションは、座席番号で管理されていること。
機内でも注意のアナウンスがありますが、ジェットスター航空では、それらの管理ができなくなるので、勝手に空いている座席へ移動すると、キャビンアテンダントもわからなくなってしまうので、必ず移動する場合は、キャビンアテンダントに席の移動を伝える必要があります。