Home » Archive

Articles tagged with: ジェットスター航空

コンフォートパック, ジェットスター航空のサービス »

[ 19 6月 2011 | 2 Comments ]
コンフォートパック

コンフォートパックとは、毛布、耳栓、アイマスク、空気で膨らませるネックサポーターが、パックになっているものです。
日本航空やカンタス航空のような、伝統的なフルサービスの航空会社(レガシーキャリア)では、毛布や枕は、当然のように、エコノミークラスであっても無料で付いてきます。
ジェットスター航空の場合、エコノミークラスでは、こういった毛布、枕などは、基本料金に含まれておらず、機内食、機内エンターテイメント同様、別途料金のオプションとなります。
2011年6月現在、この事前購入のコンフォートパックは、片道あたり、600円の追加となっています。
毛布を含めて、エアネックサポーター等のコンフォートパックに入っているものは、持ち帰り可能です。
往復でジェットスター航空を利用する場合、行きの片道だけ購入・持ち帰り、帰りは購入せず、行きで購入したものを利用ということもできます。
コンフォートパックに入っているもの
ジェットスター航空のコンフォートパックには、下記のものが入っています。

毛布
アイマスク
歯ブラシ&歯磨き粉
ネックサポーター
耳栓
これらが入るポーチ

コンフォートパックの事前購入方法

ジェットスター航空のWEBサイトから、航空券を購入する場合は、日付、料金等を選択後、機内エンターテイメントシステム、コンフォートパック(毛布など)の選択とともに、追加オプションとしての提示があります。
その時点で購入しなくとも、後からWEBサイトにログインして、WEBサイトから追加購入する、あるいはジェットスター航空のコールセンターに電話して追加することも可能です。
事前購入した場合は、その事前購入した人のリストを元に、キャビンアテンダントが、その機内エンターテイメントシステムを配っていきます。
注意したいのは、機内食、機内エンターテイメント、コンフォートパックのオプションは、座席番号で管理されていること。
機内でも注意のアナウンスがありますが、ジェットスター航空では、それらの管理ができなくなるので、勝手に空いている座席へ移動すると、キャビンアテンダントもわからなくなってしまうので、必ず移動する場合は、キャビンアテンダントに席の移動を伝える必要があります。

ジェットスター航空のサービス, 機内エンターテイメント »

[ 18 6月 2011 | No Comment ]
機内エンターテイメント

ジェットスターの機内エンターテイメント
ジェットスター航空の日本・オーストラリア間の国際線の場合、機内でのエンターテイメントは2種類あります。
1つ目は、随分昔の飛行機で主流だった、今でもたまに古い機材の飛行機でも見かけますが、座席にはイヤフォンのジャックだけがあり、前方のスクリーン(あるいはモニター)に映しだされる映画などを見るもの。
もう1つは、小型のポターブルDVDプレイヤーのような形をした、ビデオ・オンデマンド・ユニットです。
一つ目の前方のスクリーンに映しだされる映画は、イヤフォンがあれば、無料で誰でも見ることができます。
一方、後者のビデオ・オンデマンド・ユニットの方は、ビジネスクラスは別途費用はかかりませんが、エコノミークラスの場合は、別途料金がかかります。
オーストラリアの国内線の場合、この有料のビデオ・オンデマンド・ユニットのみとなります。
無料の映画上映
無料で誰でも見ることができますが、音声はスピーカーで流れているわけではなく、音声を聞くためには、イヤフォンが必要になります。
携帯電話、スマートフォン、あるいはiPodなど音楽プレイヤーのイヤフォンが使えれば良いのですが、残念ながら、左の図のような、二叉のジャックになるので、変換プラグがなければ、そのままでは使えません。
この二叉用のイヤフォは、機内で3オーストラリアドルにて販売していますので、それを購入して音声を聞くことになります。
イヤフォンが付いていないなんて、随分ジェットスター航空はけち臭いな、と思う方もいるかも知れませんが、ジェットスターはLCC、ローコストキャリアです。
これらの安全に関わるもの以外は全て有料、というのは、LCCのスタンダード(標準)と言えるもので、他のLCCも同様です。
このイヤフォンは持ち帰りできますので、購入された方は、次回のジェットスター搭乗の際に持参すれば使うことができます。
有料のビデオ・オンデマンド・ユニット
「ビデオ・オンデマンド・ユニット」の「オンデマンド」とは、「ユーザの要求があった時にサービスを提供する方式」のこと、つまり自分が欲した時に、ビデオの選択、再生を行える端末のことです。
左の写真のように、ポータブルDVDプレイヤーのような形をしています。
このビデオ・オンデマンド・ユニットを借りるには、エコノミークラスの場合、別途オプション購入となります。
ビジネスクラスの場合、無料で利用できます。
2011年6月現在、この事前購入の「ビデオ・オンデマンド・ユニット」は、片道あたり、900円の追加となっています。
2010年6月頃、ジェットスター航空で「iPad」を機内エンターテイメントで、トライアル導入する、というニュースをみましたが、その後、正式導入されたという話を聞いていませんし、未だこの「タブレットPCとポータブルDVDプレイヤーをあわせたようなもの」を使用していますので、この「iPad導入!」はなくなったしまったのでしょうか。
機内エンターテイメントの事前購入方法

ジェットスター航空のWEBサイトから、航空券を購入する場合は、日付、料金等を選択後、エンターテイメント(ビデオ・オンデマンド・ユニット)、コンフォートパック(毛布など)の選択とともに、追加オプションとしての提示があります。
その時点で購入しなくとも、後からWEBサイトにログインして、WEBサイトから追加購入する、あるいはジェットスター航空のコールセンターに電話して追加することも可能です。
事前購入した場合は、その事前購入した人のリストを元に、キャビンアテンダントが、その機内エンターテイメントシステムを配っていきます。
注意したいのは、機内食、機内エンターテイメント、コンフォートパックのオプションは、座席番号で管理されていること。
機内でも注意のアナウンスがありますが、ジェットスター航空では、それらの管理ができなくなるので、勝手に空いている座席へ移動すると、キャビンアテンダントもわからなくなってしまうので、必ず移動する場合は、キャビンアテンダントに席の移動を伝える必要があります。
エンターテイメントの機内での追加
事前購入していなくとも、機内でこのエンターテイメントシステムを、借りることができます。
2011年6月現在で、12オーストラリアドルですので、若干事前購入より高くなります。

借りるには身分証明書を預けなくていけない
ジェットスター航空の機内エンターテイメントを借りる際には、エコノミークラスでは「身分証明書」を、キャビンアテンダントに預けなくていません。
身分証明書と交換にエンターテイメントシステムを借り、エンターテイメントシステムを返すのと交換に、その預けた身分証明書を返してもらいます。
この身分証明書は、運転免許証(日本のものでも可)、クレジットカード等になり、パスポートは不可となっています。
なお、ビジネスクラスの場合は、この身分証明書の預け入れは不要となっています。
機内での支払い方法
機内での料金は、オーストラリアドル建てになっており、オーストラリアドルでの支払の他、それを日本円に換算した日本円での支払も可能ですが、お釣りはオーストラリアドルになります。
クレジットカードでの利用も可能ですが、オーストラリア国内線では、VISA、MASTER、AMEXが利用可能、オーストラリア・日本間の国際線では、これらに加えてJCBカードが利用できます。
機内でのクレジットカードの利用には、最低10ドル以上、最高75ドルまで、という下限・上限金額が設定されています。
余談ですが、オーストラリアではJCB、AMEXを使える所が少ない、あるいは、使えたとしてもカード手数料として、2-4%程度を取られる店、レストランが多いので、VISA、MASTERカードを持って行くことをお勧めします。
これは、JCB、AMEXの加盟店が、カード会社に支払うカード手数料が、VISA、MASTERカードと比べて高いためです。
なお、カード加盟店が、カード利用者からカード手数料(CREDIT CARD SURCHARGEと一般機に言われる)を取ることは、日本、アメリカでは、カード会社・加盟店契約で禁止されていますが、オーストラリアはその規定をカード会社が設けることが違法となり、カード手数料を取ることは、何ら問題なくなっています。
※)パッケージツアーでジェットスター航空利用の場合は、機内エンターテイメントが含まれるツアー、含まれないツアーともにあります。日程表に機内食付きか無しか記載されていると思いますので、それで確認をするか、または不明な場合は、そのパッケージツアーを主催する旅行会社へ問い合せてください。