Home » Archive

Articles tagged with: エンターテイメント

ジェットスター航空のサービス, 機内エンターテイメント »

[ 10 8月 2011 | No Comment ]
ビデオ・オンデマンド・ユニット

ジェットスター航空の機内エンターテイメント・システムである、ビデオ・オンデマンド・ユニットの詳細をご紹介します。
このビデオ・オンデマンド・ユニットを利用するのには、ジェットスターのビジネスクラスでは無料で利用することができますが、エコノミークラスでは、別途有料となります。
申込方法、料金、借り方などは、機内エンターテイメントのページをご覧ください。
ビデオ・オンデマンド・ユニットは、写真のような、ポータブルDVDプレイヤーのような形をしています。
「オンデマンド」の意味は、「ユーザの要求があった時にサービスを提供する方式」のこと、つまり自分が欲した時に、ビデオの選択、再生を行える端末のことです。
一見最近のスマートフォンを使っている人は、思わずディスプレイをタッチしてしまいますが、タッチスクリーンではありません。
画面両脇にあるキーを押して操作しますが、メニューは日本語もありますので、苦労はせずに操作できると思います。

プログラムの内容
ビデオ・オンデマンド・ユニットのプログラムは、下記のカテゴリーに別れています。
残念ながら、「ゲーム」はありません。

映画
TV
子供
Music Video
到着地ガイド

映画
ビデオ・オンデマンド・ユニットの映画のカテゴリーは、更に下記の4つのサブカテゴリー別れています。

New Release・・・ハリウッド映画の新作です。全部で8つの映画、うち2つは日本語の吹き替え版があります。
Japanese・・・日本の映画です。全部で2本になります。
Australian・・・オーストラリアの映画、全部で3本になります。日本語吹き替え、あるいは字幕はありません。

ちょっと、ビデオ・オンデマンドのシステムで、この本数(日本語に限れば、日本語吹き替えの映画2本+日本の映画2本)では寂しいかな、というのが正直な感想です。
TV
TVのカテゴリーは、更に下記のサブカテゴリーに別れています。

Reality
Life Style
Kids
Sports
Jetstar’s Escape

それぞれ3-5本、プログラムがありますが、全て英語のみとなります。
子供
一部前記の「TV」の中の「Kids」とプログラムがだぶっていますが、下記の2つのサブカテゴリーに別れます。

Movie
Kids TV

「Movie」は1本、「Kids Tv」は6本プログラムがありますが、全て英語のものになります。
Music Video
欧米のアーティストのミュージックビデオ。比較的新しいものが中心で、日本のミュージシャンはありません。
到着ガイド
到着地の観光地、レストラン、ショッピングなどの紹介プログラムです。その他、飛行機機材の紹介、現在地・目的地までの時間などを現す、ルートマップもこの中に入っています。

Sydney(日本語あり)
Cairns(日本語あり)
Brisbane(日本語あり)
Nagoya(日本語あり)
Osaka(日本語あり)
Auckland
Christchurch
Fleet Guide
Route Map

この「到着地ガイド」のうち、ゴールドコーストと東京がなぜかありません。
これはジェットスターが、日本へ就航を開始した当時、ゴールドコースト行き、東京発のフライトは無かったのですが、これらのプログラムは、その当時に作成された為と思われます。

エコノミークラス, ジェットスター航空のサービス »

[ 11 6月 2011 | No Comment ]
ジェットスター航空エコノミークラス

エコノミークラスのシートピッチ
ジェットスター航空の場合、現在3種類のエアバス社の機材を使用していますが、日本・オーストラリア線は、そのうちのA330のみを使用しています。
この日本・オーストラリア線で利用されている、エアバスA330の場合、エコノミークラスのシート間隔は、31インチ(約79センチ)になります。
一般的に、格安航空会社、LCC(ローコストキャリア)では、シート間隔を詰めて、出きるだけ多くの座席を作り、結果コストを削減しようとします。(参照:LCCのデメリット)
ジェットスター航空のエコノミークラスの場合、この31インチのシート間隔は、同じオーストラリアのレガシーキャリアであるカンタス航空のエコノミークラスと同じ間隔になっています。
その他のレガシーキャリアのエコノミークラスをみても、30-33インチの間ですので、ジェットスター航空の、日本・オーストラリア線のシートピッチは、特別狭い訳ではなく、平均レベルと言えます。
因みに、東京・シドニー間を運行する、日本航空のエコノミークラスのシートピッチは、32インチ、約5センチほど、ジェットスター航空より広くなっています。
その他の、オーストラリア国内線、オーストラリア・ニュージーランド線に利用される、エアバス社のA320の場合は28インチ(約71センチ)、A321の場合は29インチ(約73センチ)となっています。
エコノミークラスの機内食
ジェットスター航空の国際線エコノミークラスでは、料金に含まれていなく、追加オプションとなります。
チケット購入時、または、後からジェットスター航空のWEBサイトからログインして追加、またはジェットスター航空のコールセンターに電話して、追加購入も可能です。
また、若干料金が高くなるのと、あまり事前予約数以上の機内食を機材に積んでいないため、売り切れが予想されますが、機内にて機内食の購入も可能です。
または、サンドイッチやカップ麺等の「軽食」の購入も可能です。
詳しくは、ジェットスター航空の機内食、のページをご覧ください。
エコノミークラスのエンターテイメント
ジェットスター航空のエンターテイメントは、エコノミークラスの場合、機内食同様、追加オプションとなっています。
携帯型のパーソナルエンターテイメントシステムになっており、事前予約、または機内でも申込みをすることもできます。
詳しくは、ジェットスター航空の機内エンターテイメント、のページをご覧ください。
エコノミークラスのコンフォートパック
ジェットスター航空のエコノミークラスでは、直接航空券をジェットスター航空から購入した場合、毛布は別料金となっています。
料金は、600円(2011年6月現在)となっています。
「コンフォートパック」と呼ばれ、毛布、アイマスク、空気を入れるネックサポート、耳栓が入っています。
日本の旅行会社経由でジェットスター航空のチケットを購入した場合、あるいは、パッケージツアーでジェットスター航空を利用した場合は、このコンフォートパックは含まれています。
この毛布等は、持ち帰ることができます。