Home » お勧め記事

機内食、飲み物などの支払方法

2011年6月18日 One Comment

機内食、飲み物などの支払方法

オーストラリアドル料金は、オーストラリアドル建てになっており、オーストラリアドルでの支払の他、それを日本円に換算した日本円での支払も可能ですが、お釣りはオーストラリアドルになります。

クレジットカードでの利用も可能ですが、オーストラリア国内線ではVISA、MASTER、AMEXが利用可能、日本・オーストラリア間の国際線は、この3つに加えてJCBカードが利用可能です。

機内でのクレジットカードの利用には、最低10ドル以上、最高75ドルまで、という下限・上限金額が設定されています。

余談ですが、オーストラリアではJCB、AMEXを使える所が少ない、あるいは、使えたとしてもカード手数料として、2-4%程度を取られる店、レストランが多いので、VISA、MASTERカードを持って行くことをお勧めします。

これは、JCB、AMEXの加盟店が、カード会社に支払うカード手数料が、VISA、MASTERカードと比べて高いためです。

なお、カード加盟店が、カード利用者からカード手数料(CREDIT CARD SURCHARGEと一般的に言われています)を取ることは、日本、アメリカでは、カード会社・加盟店契約で禁止されています。

一方、オーストラリアはその規定をカード会社が設けることが、逆に違法となり、カード加盟店が顧客より、精算の際にカード手数料を取ることは、何ら問題なくなっており、利幅の薄い商売、値段競争の厳しい業種では、カード手数料を取ることは、それほど珍しいことではありません。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on @nifty clip
[`tweetmeme` not found]
Share on Facebook

● オーストラリアのオプショナルツアー・ホテルをが最大50%オフ! ●

トラベルドンキー

トラベルドンキーでは、ケアンズをはじめ、ゴールドコースト、シドニー、エアーズロックなど、オーストラリア全土のオプショナルツアー、アクティビティ、ホテルを、インターネット特価で販売しております。

トラベルドンキーは価格だけではありません。オーストラリアの主要都市にオフィスをもち、緊急時には24時間のサポート体制、安心してご利用いただけます。

★★ とってもお得なトラベルドンキーのオプショナルツアー・ホテル ★★

この記事と関連する記事

One Comment »

  • まあ said:

    機内食やアルコールなどの支払いはクレジットカードのみということです。
    旅行会社からジェットスター航空へ問い合わせてもらっての回答だったのですが…
    ここのサイトでは現金でもOKと書いてあるのですが、どうでしょうか?
    できたらクレジットカードは使いたくないので…
    ご回答お願い致します。

コメント、質問ありましたらどうぞ!

コメントを残していただくか、または、 トラックバック をしてください。.または、 RSSリーダー でコメントのチェックもできます。スパム投稿はご遠慮ください!