Home » お勧め記事

食事、飲み物の持込み

2011年6月17日 One Comment

食事、飲み物の持込み

弁当

Photo by Abendstrom

格安航空会社(LCC、ローコストキャリア)の中には、機内売上をあげるために、食べ物・飲み物の持込み禁止!という会社もありますが、ジェットスターでは、食べ物、飲み物の持込みは許可されています。

まず食べ物ですが、ジェットスター航空としては、特に禁止しているもの、というものはありません。

ただし、空港のセキュリティチェックの規程で、100mlを超える液体物、ジェル状のものは、空港のセキュリティ検査ポイント(手荷物検査場)の中への持込みが禁止されています。

結果、食べ物であっても、空港のセキュリティ検査ポイントの外からは持ち込めない事になりますので、お弁当など持参する場合は、注意が必要です。

セキュリティ検査ポイントを過ぎてからある売店等で購入したものであれば、液体(スープ等)・ジェル状の食べ物(ゼリー、パテ等)でも持込み可能です。

常識的に、あまり匂いが強いものは、他の乗客の迷惑になりますので、控えてください。

飲み物の持ち込みは、アルコール飲料は持込み禁止、アルコールを含まない飲み物であれば、持込み可能です。

ただし、前述のように、空港のセキュリティ検査ポイントの外から中へは、100ml以上の飲み物は持ち込めませんので、注意してください。

これを超えるアルコールを含まない飲み物は、同様に、セキュリティ検査ポイントを過ぎてからの売店で購入したものであれば、機内への持込み可能です。

以前はジェットスター航空機内で、まず小さいボトルの水が無料え配られていましたが(エコノミー症候群予防のため?)、いつの間にか、現在は配られていないようです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on @nifty clip
[`tweetmeme` not found]
Share on Facebook

● オーストラリアのオプショナルツアー・ホテルをが最大50%オフ! ●

トラベルドンキー

トラベルドンキーでは、ケアンズをはじめ、ゴールドコースト、シドニー、エアーズロックなど、オーストラリア全土のオプショナルツアー、アクティビティ、ホテルを、インターネット特価で販売しております。

トラベルドンキーは価格だけではありません。オーストラリアの主要都市にオフィスをもち、緊急時には24時間のサポート体制、安心してご利用いただけます。

★★ とってもお得なトラベルドンキーのオプショナルツアー・ホテル ★★

この記事と関連する記事

One Comment »

  • akiyo matsumura said:

    スーツケースで機内持ち込みのサイズはどのくらいまでででしょうか?また重量はどうでしょうか

コメント、質問ありましたらどうぞ!

コメントを残していただくか、または、 トラックバック をしてください。.または、 RSSリーダー でコメントのチェックもできます。スパム投稿はご遠慮ください!