ジェットスター航空
ジェットスター航空・ガイドは、ジェットスター航空を利用を検討している方、あるいは既に航空券を購入してこれから利用されようとする方のための、ジェットスター航空に関する、個人運営の情報サイトです。
ジェットスター航空の航空券はどのように購入したら良いのか、どこで買うのがお得なのか、機内食が出ないと聞いたが食べ物の持込みは可能か、フライトキャンセル等トラブルが発生した場合はどうなるのか、といった、ジェットスター航空を利用するのにあたって出てくる、疑問にお答えできるサイトを目指しています。
ジェットスター航空は、日本に乗り入れた、最初のLCC(格安航空会社、ローコストキャリア)になり、2007年の3月に関西空港~ブリスベン~シドニー~関西空港の路線で日本へ乗り入れました。
このジェットスター航空が乗り入れた、2007年の当時は、LCCという言葉、新しい形態の航空会社のビジネスモデルとして、一般の人達には浸透していませんでした。
カンタス航空や日本航空のような、伝統的な航空会社、レガシーキャリアとの違いが認識されていなく、その為、残念ながら「ジェットスター航空は機内食も出ない、安いけれどもサービスの悪い会社」のような、見方をする乗客も多くいました。(…続きを読む)
ジェットスター航空とは?

ジェットスター航空のニュース、会社概要、歴史、グループ会社、過去の事故歴など

チケットの予約・購入

チケットの予約・購入方法、料金体系、預け・機内持込み荷物の制限、機内食、事前座席予約などに関して

購入後の変更、搭乗方法

チケット購入後の変更・取消、当日の搭乗手続き方法、便利なウェブチェックインなど

口コミ、評判、サービス

ジェットスターの口コミ、評判、イレギュラー発生時の対応、マイレージ・プログラム、上級クラスなど

LCCとは?

ジェットスター航空の安さの秘密、LCC(ローコストキャリア)のビジネスモデル、メリット・デメリットなど

▼ ジェットスター航空のサービス, 機内エンターテイメント »

[ 2011年8月10日 | No Comment ]
ビデオ・オンデマンド・ユニット

ジェットスター航空の機内エンターテイメント・システムである、ビデオ・オンデマンド・ユニットの詳細をご紹介します。 このビデオ・オンデマンド・ユニットを利用するのには、ジェットスターのビジネスクラスでは無料で利用することができますが、エコノミークラスでは、別途有料となります。 申込方法、料金、借り方などは、機内エンターテイメントのページをご覧ください。 ビデオ・オンデマンド・ユニットは、写真のような、ポータブルDVDプレイヤーのような形をしています。 「オンデマンド」の意味は、「ユーザの要求があった時にサービスを提供する方式」の(…続きを読む)

▼ ETAS(観光ビザ)の取得, オーストラリア旅行情報 »

[ 2011年6月21日 | No Comment ]
ETAS

オーストラリアを訪問するには、観光であっても、ビザの取得が必要です。 多くの国へ、ビザなしで投稿が可能な、便利な日本のパスポート。 マイナーな国を訪問する場合を除き、あまりビザの取得を気にしないと思いますが、日本人にとって、ポピュラーな観光地と言える、オーストラリア訪問には、観光であってもビザの取得が必要となります。 ただし、「ビザ」と言っても、一般的に想像する、パスポートにスタンプを押す、あるいはシールを貼るビザと違い、オーストラリアのは「ETAS」(イータス)、あるいは「ETA」と呼ばれる、「電子ビザ」(エレクトリック・ビ(…続きを読む)

▼ カンタス航空とのコードシェア便, コードシェア便 »

[ 2011年6月20日 | No Comment ]
Qantas_a380_vh-oqa_takeoff_heathrow_arp

ジェットスター航空の親会社であるカンタス航空は、一部のジェットスター航空の便を、カンタス航空の便名を付けて、カンタス航空として販売しています。 これを共同運行、コードシェアと呼び、ジェットスター航空機材・乗員のフライトを、カンタス航空がコードシェアは、日本・オーストラリア線の全便、及び一部オーストラリア国内線でも行われています。 逆に、一部のオーストラリア国内線は、逆に極一部の便のみとなりますが、カンタス航空の機材・乗員のフライトを、ジェットスター航空がコードシェアする便もあります。 今回の記事では、ジェットスター航空の機材・(…続きを読む)

▼ コードシェア便, 日本航空とのコードシェア便 »

[ 2011年6月19日 | No Comment ]
日本航空

日本航空(JAL)は、ジェットスター航空の一部の路線を、コードシェア便として運行しています。 コードシェア便(共同運航便)とは、他社の運行する便の座席の一部を買取り、自社の便名をつけて、その航空会社の顧客に販売することです。 日本航空とジェットスター航空の、オーストラリアにおける共同運行は、ジェットスター航空の機材・乗員を使ってジェットスター航空が運行する便の、一部の座席を日本航空が買取り、日本航空の便名(5000番台のフライトナンバー)で、日本航空がその座席を販売しています。 つまり、日本航空から日本航空の便として航空券を購(…続きを読む)

▼ コンフォートパック, ジェットスター航空のサービス »

[ 2011年6月19日 | 2 Comments ]
コンフォートパック

コンフォートパックとは、毛布、耳栓、アイマスク、空気で膨らませるネックサポーターが、パックになっているものです。 日本航空やカンタス航空のような、伝統的なフルサービスの航空会社(レガシーキャリア)では、毛布や枕は、当然のように、エコノミークラスであっても無料で付いてきます。 ジェットスター航空の場合、エコノミークラスでは、こういった毛布、枕などは、基本料金に含まれておらず、機内食、機内エンターテイメント同様、別途料金のオプションとなります。 2011年6月現在、この事前購入のコンフォートパックは、片道あたり、600円の追加とな(…続きを読む)

▼ お勧め記事 »

[ 2011年6月18日 | No Comment ]
オーストラリアドル

機内食、飲み物などの支払方法 料金は、オーストラリアドル建てになっており、オーストラリアドルでの支払の他、それを日本円に換算した日本円での支払も可能ですが、お釣りはオーストラリアドルになります。 クレジットカードでの利用も可能ですが、オーストラリア国内線ではVISA、MASTER、AMEXが利用可能、日本・オーストラリア間の国際線は、この3つに加えてJCBカードが利用可能です。 機内でのクレジットカードの利用には、最低10ドル以上、最高75ドルまで、という下限・上限金額が設定されています。 余談ですが、オーストラリアではJCB(…続きを読む)

▼ ジェットスター航空のサービス, 機内エンターテイメント »

[ 2011年6月18日 | No Comment ]
機内エンターテイメント

ジェットスターの機内エンターテイメント ジェットスター航空の日本・オーストラリア間の国際線の場合、機内でのエンターテイメントは2種類あります。 1つ目は、随分昔の飛行機で主流だった、今でもたまに古い機材の飛行機でも見かけますが、座席にはイヤフォンのジャックだけがあり、前方のスクリーン(あるいはモニター)に映しだされる映画などを見るもの。 もう1つは、小型のポターブルDVDプレイヤーのような形をした、ビデオ・オンデマンド・ユニットです。 一つ目の前方のスクリーンに映しだされる映画は、イヤフォンがあれば、無料で誰でも見ることができ(…続きを読む)

▼ お勧め記事 »

[ 2011年6月17日 | No Comment ]
弁当

食事、飲み物の持込み 格安航空会社(LCC、ローコストキャリア)の中には、機内売上をあげるために、食べ物・飲み物の持込み禁止!という会社もありますが、ジェットスターでは、食べ物、飲み物の持込みは許可されています。 まず食べ物ですが、ジェットスター航空としては、特に禁止しているもの、というものはありません。 ただし、空港のセキュリティチェックの規程で、100mlを超える液体物、ジェル状のものは、空港のセキュリティ検査ポイント(手荷物検査場)の中への持込みが禁止されています。 結果、食べ物であっても、空港のセキュリティ検査ポイント(…続きを読む)

▼ 機内食(エコノミークラス) »

[ 2011年6月17日 | No Comment ]
機内食

エコノミークラスでは機内食は別料金 ジェットスター航空、エコノミークラスの基本料金の「スターター」では、機内食は含まれていません。 ジェットスターの日本・オーストラリア間の国際線では、追加料金にて、この機内食+飲み物(ソフトドリンクのみ)オプションを購入可能です。 ビジネスクラスの場合は、料金に込みとなっていて、自動的に全員に付きます。 2011年6月現在、この事前購入の「機内食+飲み物」は、片道あたり、2500円の追加となっています。 事前購入ではなく、機内で購入も可能ですが、数に限りがあるので、「あれば」ということになって(…続きを読む)

▼ エコノミークラス, ジェットスター航空のサービス »

[ 2011年6月11日 | No Comment ]
ジェットスター航空エコノミークラス

エコノミークラスのシートピッチ ジェットスター航空の場合、現在3種類のエアバス社の機材を使用していますが、日本・オーストラリア線は、そのうちのA330のみを使用しています。 この日本・オーストラリア線で利用されている、エアバスA330の場合、エコノミークラスのシート間隔は、31インチ(約79センチ)になります。 一般的に、格安航空会社、LCC(ローコストキャリア)では、シート間隔を詰めて、出きるだけ多くの座席を作り、結果コストを削減しようとします。(参照:LCCのデメリット) ジェットスター航空のエコノミークラスの場合、この3(…続きを読む)